« 奥又の岩場 | トップページ | 奥又の岩場 »

2016年4月10日 (日)

とりあえず作詞

  奥又の岩場  作詞 四太

 車を降りると植林の杉

 暗い奴らが僕らをのみ込もうとあざ笑う

 だけど僕らは知っている それは幻なんだと

 武器を手にし 靴のひもを締めたら

 やつらは無邪気に知らんぷり

 奈落の底まで行けよと鳥が歌う

 ゴルジュを抜けると冷気の水

 トンネルを抜けても過去へは戻れないのさ

 鹿の楽園が岩場へ誘う

 だから開拓が今始まるのさ

 フロンティアスピリットが僕らを突き動かす

 フロンティアスピリットが生きてる証

« 奥又の岩場 | トップページ | 奥又の岩場 »

アコースティック・ギター」カテゴリの記事

コメント

奥又の岩場は我らが岩場
誰にも邪魔されず静かに
静かに開拓を楽しむのだ

自由な空よ 自由な花よ木よ
自由な大地よ 自由な水よ
自由な命達よ そして自由な岩よ
我らはあなた方を愛しています〜♫

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599633/63466791

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえず作詞:

« 奥又の岩場 | トップページ | 奥又の岩場 »