« この日は狼になりました | トップページ | 夕陽を追いかけて »

2016年5月 6日 (金)

ゆうべの夢 作詞 吉田拓郎


*そろそろライブで歌う曲を考えねば!!
これにするかなあ・・歌詞長すぎ~

ゆうべ見た夢を話そう よくある話かも知れないけど
心が触れ合うこともない 僕とあの娘だったのに
あああ何故か 会いたくなってくる
そんな僕だった 話そうゆうべの夢を

1月 冷たい北風が 僕にあの娘のことを
そっとささやいて消えていった あの娘も一人で寂しいんだよと
あああ夢よ お願いだ覚めないで 今のままがいい
僕だって一人はいやさ

2月 勇気を出して 僕の心を打ち明けた
小さな事かも知れないけど それであの娘を掴めるなら
あああ夢よ お願いだ覚めないで 今のままがいい
僕だって言えるよ好きだよって

3月 これが恋なのさ ふたりで手を繋いで歩いた
あの娘の心のぬくもりが 僕の身体に伝わって
あああ夢よ お願いだ覚めないで 今のままがいい
ふたりきりで歩こう

4月 あの娘が髪を 短く切ってしまった
昔の想い出を消すために 僕の知らない過去のことを
あああ夢よ お願いだ覚めないで 今のままがいい
今は僕だけの君さ

5月 いけない僕だった 触れてはならない君の過去
それを何故か知りたがって 君を涙で苦しめて
あああ夢よ お願いだ覚めないで 今のままがいい
僕だって過去はあるんだよ

6月 僕はひとり あの娘はどこかへ行った
悲しみ苦しみながら いつか僕を遠ざけて
あああ夢よ お願いだ覚めないで 今のままがいい
寂しい君がいなければ

7月 昔と同じ ひとりぼっちの部屋さ
どうしてあんなにあの娘を 苦しめなければならない
あああ夢よ お願いだ覚めないで 今のままがいい
もう一度会うんだどうしても

8月 全てが終わって 一人になってみると
自分の勝手さに気が付いた そうさこうなる僕だった
あああ夢よ お願いだ覚めないで 今のままがいい
今こそ探すんだあの娘を

9月 大きな雲が 頭の上を覆って 
まるで僕を責めるように 明るい日ざしも遮って
あああ夢よ お願いだ覚めないで 今のままがいい
負けないよあの娘に会うまで

10月 あの娘が泣いた 僕の胸で泣いた
長い髪の香りが 甘く僕をくすぐって
あああ夢よ お願いだ覚めないで 今のままがいい
離さないよ二度と君を

11月 枯れ葉が舞う頃 僕はあの娘に口づけた
他になんにもいらない 僕は君で君は僕
あああ夢よ お願いだ覚めないで 今のままがいい
生きてる僕を見つけた

12月 可愛い君に 小さい指輪を贈った
心が何故か穏やかで 空も青く澄みきって 
あああ夢よ お願いだ覚めないで 今のままがいい
掴んだ僕の幸せ

ゆうべ見た夢を話そう よくある話かも知れないけど
僕は夢の中の自分が 今でもとっても好きなんだ
あああ夢よ お願いだ覚めないで 今のままがいい
夢で自分を知りました

« この日は狼になりました | トップページ | 夕陽を追いかけて »

アコースティック・ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599633/63590579

この記事へのトラックバック一覧です: ゆうべの夢 作詞 吉田拓郎:

« この日は狼になりました | トップページ | 夕陽を追いかけて »