« ゆうべの夢 作詞 吉田拓郎 | トップページ | 春になったら吉田拓郎 »

2016年5月 7日 (土)

夕陽を追いかけて

しばらくぶりのふるさとは
大きな街に 姿をかえていた
からだをゆすって 走ってた
路面電車は 今はもういない

悲しみこらえ たたずんで
好きだった人 ながく見送った
後姿に 似合ってた
あの海辺のみち いまは車の道

でも海は まだ生きていた
いつも勇気を くれた海だった
空の星は 昔のまま
指先に ふれるほど近くに

いつからだろう 父の小言の
たったひとつも やめてしまっていた
いつからだろう 母が唇に
さす紅を やめてしまったのは

長生きしてねの 一言さえも
てれくさく言えず 明日は出てゆく日
もどっちゃだめと 自分に言った
切り捨てたはずの ふるさとだから

都会に海が 見えないから
人は僕を 笑いものにする
都会の星は とても遠いから
人は僕を 夢みるバカという

いつだって 真剣に
僕は生きて きたはずだけど
でもいつも そこには
孤独だけが 残されていた

沈み夕陽は 止められないけど
それでも僕は 追いかけてゆく
沈む夕陽を 追いかけて
死ぬまで 僕は追いかけてゆく

追いかけて 追いかけて
死ぬまで 僕は追いかけてゆく
追いかけて 追いかけて
死ぬまで 僕は追いかけてゆく

今日初めて聴いた曲なのになんだか懐かしく歌えた(*^-^)

これも練習しよう(^^♪

         

« ゆうべの夢 作詞 吉田拓郎 | トップページ | 春になったら吉田拓郎 »

アコースティック・ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599633/63595381

この記事へのトラックバック一覧です: 夕陽を追いかけて:

« ゆうべの夢 作詞 吉田拓郎 | トップページ | 春になったら吉田拓郎 »